キャバクラでキャッシャーやボーイとして働くことが決まったら、出勤に向けて持ち物や服装の準備をしましょう。
男性の場合は、キャバ嬢たちと違って、見た目や服装にそこまで気を使う必要はありませんが、
それでも、接客業として最低限の節度のある服装を整えたいものです。

このページでは、キャバクラで働く前の準備リストを解説していきます。

まずはスーツ一式を揃えよう

ボーイの仕事はスーツが基本です。
キャバクラで働くなら、何をおいても最初にまずはスーツを準備するところから始めましょう。

色については「黒」のスーツが好ましいですね。
ボーイの仕事はもちろん大切なお仕事なのですが、あくまで裏方に徹するべきです。
同様にネクタイもグレーや暗めの紺といった、地味な色をチョイスしましょう。
また、中に着るワイシャツは無難に白を選んでおけば間違い無いでしょう。

スーツやワイシャツは安いもので十分です。
キャバ嬢のドレスと違って、お客様に魅せるものでもありませんし、
職業柄タバコやお酒の匂いがついてしまう可能性があります。
ドン・キホーテ等で1万円程度で買えるので、サイズだけ合わせてサッと揃えてしまいましょう。
がっつり働く予定なら最低3、4着用意した方がいいかもしれません。

ボーイの見た目は清潔感が重要

服装を揃えたら、次は出勤前の身だしなみのチェックです。
キャバクラのボーイに求められる身だしなみは、何よりも清潔感が大切です。

社会人として当たり前のことですが、スーツやワイシャツは着まわし禁止です。
スーツは毎回クリーニングとまでは行きませんが、匂いや劣化を防ぐためにも風通しの良い場所で陰干ししましょう。

髪型についても、爽やかな印象を与えられるような髪型が望ましいです。
長すぎる髪やボサボサの髪はNGです。
オススメのセットは、スーツにマッチして、なおかつ清潔感もあるオールバックですね。

また、この辺りについては、お店によってルールが異なってくることもありますので、面接のタイミングで確認しておきましょう。
髪の色も、染めていても大丈夫なお店とそうでないお店があるので、事前に確認するチャンスがあればチェックしておくといいでしょう。