キャバクラのホールやキャッシャー、ドライバーで稼ごう

時間に関わらず、とにかくお金を稼ぎたいと考えるならばナイトワークがオススメ。
女性はもちろん、男性でも夜のお仕事で稼ぐことが十分に可能です。

男性の夜のお仕事でまず頭に思い浮かぶのがホストですが、「お酒は飲めないし、女の子も苦手だし」という人にとってはなかなかハードルが高い。
そんな人たちでも就くことができるのが、キャバクラなどでのお仕事。ホールやキャッシャー、ドライバーなどのお仕事です。

ホストは指名されなければ、あるいはお客さんがお金を使ってくれなければ安定した給料を得ることができませんが、キャバクラなど女性が男性のお客さんをもてなすお店で働けば、社員であれば月給で、アルバイトであれば時給で受け取ることができるため、ある程度まとまった収入を得ることができます。
接客業ではありますが、もちろん、お酒を飲む必要もありません。

ホールとキャッシャーとドライバーの平均給与額

ホールであれば、月給30万円ほどが相場。
30万円を下回るお店の方が少ないでしょう。
レジで会計の処理などお金の管理を主に行うキャッシャーは、正社員の場合、月給28万円くらいが相場となりそうです。

ホールと比べれば安いですが、お客さんと接する機会もホールよりはありませんし、仕事も覚えてしまえばあまり難しいこともないので、妥当な金額と言えるでしょう。
キャッシャーはアルバイトで募集しているお店も多くありますが、その場合は時給1800円ほどからスタートするお店が多いようです。
ちなみに送迎が主な業務となるドライバーは日給5000円から8000円ほどが相場です。

いずれも平均額ですから、お店によってはホールで40万円を提示しているところもありますし、キャッシャーでも30万円以上の月給を用意しているところもあります。
また、体験入店制度があるお店ですと、正式入店までは日給10000円や時給1000円というところも珍しくありません。

この額ではしっかりと稼ぐのは難しいかもしれませんが、ナイトワークがどのようなものか体験入店で把握し、その後正式に採用されれば日給や時給もアップ。
あとは働けば働くほど稼ぐことができます。

初心者が初めて夜の世界に飛び込むにはピッタリの仕事

接客頻度も少なくお酒を飲む機会も少ない、責任はないわけではありませんが、重すぎることはなく仕事もさほど難しくはない。
それでいてある程度の給料を受け取ることができると考えると、初めて夜の世界に飛び込む人にはキャッシャーのお仕事がいいかもしれません。
単純に「稼ぎたい」と考えている人にもお勧めです。
もちろん向き不向きはありますが、夜の世界を知りつつ慣れていくためには、非常にいい職種となるのではないでしょうか。